更新日
平成31年2月25日
あおぞらメニュー
新聞販売店
お役立ちメニュー
近藤新聞店
本店:
〒486-0958
春日井市西本町1-5-16
TEL:(0568)31-3333
FAX:(0568)31-3390

稲口支店:
春日井市稲口町2-11-1
TEL:(0568)34-5621

本サイトに掲載の
すべての内容の
無断転載を禁じます


info@ajiyoshi-aozora.com
カウンター
累計 :
本日 昨日:

掲載日時: 2019-2-25 6:00:00 (2 ヒット)
あおぞら歳時記

 寒い風の中にそこはかとなく春の陽射しを感じます。
 昔の人達は、深い雪にとざされ、じっと家の中にこもり春を待っていました。
 「春よ来い 早く来い」
 春を待ち焦がれていたのですね。一月の年賀状にさえ、「迎春」「頌春」と書いて、春の来るのを待ちわびています。
 日本語をみてもそのことがよく分かります。
 春告魚と書いて鰊(にしん)と読みます。魚へんに春と書けば鰆(さわら)と読みます。
 山里を歩いていますと、ホーホケキョという鶯の声が聞こえてきます。春告鳥とも書きます。香しい匂いの梅の花のことを春告草とか香散見草と書きます。
 「梅一輪一輪ごとの暖かさ」(嵐雪)という句があります。梅が一輪咲くとほんの少しだけ春らしくなり、また一輪咲くと、またほんの少しだけ春が近づいてくるという、春を待ち焦がれる心情がよく表されています。
 蝋梅の甘い香りが、お隣の庭からそっと漂ってきます。
 待ちに待った春がもうすぐそこまでやってきています。 




Copyright(C) 2004 by Kondou Sinbun-ten info@ajiyoshi-aozora.com